三蔵法師の仏教を求めてのシルクロードの旅は、日本人にもロマンをかきたてる話です。
そこで、この機会に資料を集めてみました。

紹介する内容は「長澤和俊訳:玄奘三蔵 大唐大慈恩寺三蔵法師伝、光風社出版」を参考にしました。
この伝記は玄奘三蔵の弟子2人によって書かれたもので、数多くの伝記の中で
最も正確な伝記とされています。

仏教をひととおり修めた三蔵法師であったが、仏教の経典の解釈に疑問を感じて
人に聞いても各自解釈が異なるので、直接インドへ行って原典を集め、
インドの高僧から解説してもらおうと思い、インドへ向かったのだった。

しかし、当時のシルクロードは危険なので、唐王朝は中国人が旅行することを許可しなかった。
そこで、三蔵法師は出国禁止の掟をやぶって、密かに玉門関を出て、砂漠を進んだ。
玉門関の先に烽(見張台)が5つあった。

伊吾国(ハミ地方)にたどりついて王のもてなしを受けていたとき、
高昌国(トルファン地方)の使者がそこに滞在していた。

この使者の報告を受けて、高昌国王は三蔵法師を招待した。
法師の学識に感激した高昌国王は、法師がその地に留まるよう乞うたが、
法師のインド行きの意志は固く、高昌国王は結局法師に旅費や通訳を用意して、
西突厥の統葉護可汗をはじめ西域諸国への紹介状も書いてくれた。

一行は天山南路を進み、クチャ国で雪解けを待ってから、ベダル峠を越えて
西突厥(砕葉城 アク・ベシム遺跡)に着いた。
ここでも、法師はインドに行かないで留まるよう勧められたが、
インド行きの意志が固いので、統葉護可汗は通訳をつけて西トルキスタンへ送ってくれた。

ここから先を簡単に示すと次のようになる。
トクマク(西突厥)→タラス→タシュケント→サマルカンド→鉄門→クンドゥズ→
バーミヤン→北インド

北インドに着いた法師は、ガンダーラ、ウッディヤーナ、タクシャシラー、カシュミーラ
を経て、インド各地の仏蹟を巡礼した。
それから、マガダ国のナーランダー寺院で、5年間の仏教研究をすることができた。

多くの仏像や経典をみやげに帰国の旅についた。ヒンドゥクシュを越え、
クンドゥズに着いた法師は、高昌国は唐に滅ぼされたことを聞いて、
パミールから南道を通ることにして、パミールを越え、カシュガルを経て
クスタナ国(ホータン地方)にたどり着き、ここから唐の皇帝に手紙を書いて、
唐の役人の迎えを得ることができた。

三蔵法師の歩いたシルクロードの地図       こちらもシルクロードの地図

帰国した法師は経典の翻訳につとめ、後に慈恩寺境内に建てられた大雁塔に
インドから持ち帰った経典や仏像を保存した。

この三蔵法師の持ち帰ったインドの教典はどんな文字で書かれていたのであろうか。梵字だろうか。

般若心経のこと 観世音と観自在 玄奘三蔵

日本にある玄奘三蔵の霊骨塔。